東京でエステ業を営む女性のファクタリング事例

2019/04/05
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

■現金払いの仕入れ先に対する支払いができず困っていたF様

・地域・・・東京
・年齢・・・30代
・業種・・・エステ業
・資金調達目的・・・現金払いの仕入れ先に対する支払いができないため
・ファクタリングによる資金調達成功額・・・100万円

 

・なぜ資金調達が必要になったのか?

東京都でエステ店を経営されているF様は、エステ店経営以外にも、ネイルやマツエクなどに使う業務用溶剤などの卸しも業として行っています。

発生した売上に対し、その代金が入金されるまでには一定期間のロスが生じるため、せっかく売上が増えているに…と不安な気持ちを抱えたまま経営をなさっていたようです。

新たに取引を始めた仕入れ先は、とても金額も安く今後も利用したいと熱望していたことが叶ったので喜んでいたこともつかの間、掛け取引は取り扱いがないとのことで現金での仕入れを行わなければならなくなりました。

せっかく順調と思っていた状況の中で、思わぬ落とし穴にはまった印象を受けたようです。日本の商取引は掛け取引が通常のため、まさか現金決済を要求されるとは夢にも思っていなかったため、一旦は別の取引先を選択することも検討したとのこと。

しかし、現金決済だからなのか、金額の安さにかえることはできず、なんとか現金で決済する方法はないかと考えるようになりました。

地方で同じエステ業を営む知人に相談したところ、ファクタリングという方法で資金が調達できることを教えてもらい、今回当社にご相談いただく運びとなりました。

 

・当社のファクタリングを利用した経緯

今回、当社にご相談いただいたのは、F様のご友人の方からのご紹介です。当社は本当に一度利用された方が新たなお客様を紹介してくださるケースが多いのですが、どの方も安心して紹介できるから…とおっしゃっていただけています。

F様もファクタリングという方法での資金調達は初めてだったようで、ファクタリングがどのような資金調達の方法なのかなどしっかりご説明させていだきました。

最初は不安なままご連絡をいただいたようでしたが、ご説明させていただいたことで仕組みを理解され、それなら安心できるとご納得されたようでした。

 

・F様のファクタリング利用

取引先にファクタリングの事実を知られたくないとのことで、2社間ファクタリングでの利用を希望されました。

支払いなどに遅れはなかったようですが、毎月の資金繰りにとても苦労されていたらしく、経営状況がそれほど良好でもないのに利用できるのか…という不安が最も高かったようです。

審査もあることをお伝えすると、余計その不安は大きくなったようですが、信用力の高い取引先の売掛金を保有していらしたことで、買い取りさせていただくことができました。

お申し込みがあった時間帯が少し遅かったため、その日の夕方には契約が可能であるご連絡をさせて頂けましたが、契約自体は次の日という形となりました。

F様の店舗はとても人気があるらしく、本業が忙しくて当社まで足を運んでいただく時間もないということから、こちらからF様のところまで訪問させていただくこととなりました。

無事に面談と契約が完了し、100万円の資金調達に成功され、大変喜ばれていました。

 

・F様はファクタリング後にどうなったのか?

ファクタリングを利用することはF様にとって初めての経験だったため、恐い業者の担当者が来たらどうしようと不安を感じていたようです。手数料などもどのくらいかかるのか、心配になるのは当然のことでしょう。

しかし、しっかりと丁寧をさせて頂き、安心・納得していただいた状態でファクタリングを利用していだたくことができました。

F様もぶじに仕入れ代金を支払うことができ、安く仕入れができたと大変喜ばれていらっしゃいました。

もし自分と同じようにすぐにまとまった現金の準備がなくて困っている経営者がいたら、ファクタリングという方法を教えてあげたいので、そのときは当社を紹介していただけるとおっしゃってくださいました。