栃木で内装工事業を営む男性のファクタリング事例

2019/04/19
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

■運転資金不足で利用していたファクタリング会社を不審に感じたH様

・地域・・・栃木
・年齢・・・40代
・業種・・・内装工事業
・資金調達目的・・・運転資金の一時的確保のため
・ファクタリングによる資金調達成功額・・・150万円

・なぜ資金調達が必要になったのか?

内装工事業は、運転資金が常に必要な業種です。人件費や材料費、外注費など必要な経費は色々ある上に、実際に工事を行った代金の回収は完了後というケースがほとんどのため、一時的な立て替えが発生してしまいます。

前受金として全額受け取ることができることを可能とするケースは極めて稀なため、H様の企業でも当面の運転資金がなく、どうすればよいのか…という問題で悩まされることとなりました。

銀行融資の申し込みも考えたようですが、事業を継続する上での支援に応えてくれるところではないのはわかっていたそうですし、融資まで時間がかかるのも問題なので諦めたそうです。

そこでファクタリングを利用した資金調達を検討されるに至ったとのことでした。

・当社のファクタリングを利用した経緯

当初、予定されていたファクタリング会社に見積もりを依頼したところ、高い手数料で利用期間も予定より長期化することが想定されました。

遠方にある会社だったので、時間をかけて訪問し、契約書を交わしたり現金のやり取りを行ったりと手間と費用がとくかくかかってしまったという印象だったようです。

何に使用するのか明確な説明もないまま、印鑑証明など必要な書類を伝えられたわけですが、急いでいたので準備して提出したそうです。

契約書の写しも欲しかったのですが、全て完了したら郵送するといった回答ですぐには受け取ることができず、不安なまま取引を行うことになってしまいました。

初めて利用したファクタリング会社がこのような対応だったので、こんなものだろうと諦めていたのですが、知り合いの方が当社を利用した話を聞いて、ぜひ利用したいとご連絡いただけることになりました。

・H様のファクタリング利用

最初に利用していたファクタリング会社の決済を終えて無事当社を利用していただくことになりました。

今回、2社間ファクタリングで150万円の資金を調達されることに成功され、当面の資金繰りも運転資金確保により維持されることとなりました。

別のファクタリング会社ですでに利用していたこともあり、必要になる書類などはおおよそ把握されていたこともあって現金化までの流れが非常にスムーズに運びました。

もっとも喜んでいただいたのが、手数料がそれまで利用されていたファクタリング会社の半分で済んだということのようです。

ファクタリング会社によって手数料はいろいろなので、もっと早く当社を利用すればよかったと言っていただけてなによりですし、高い手数料設定のファクタリング会社の利用に歯止めをかけることができて安心しました。

驚きなのは、当初利用されていたファクタリング会社の手数料の高さだけでなく、契約書の控えは結局受け取ることのないままだったということです。

インターネット上にホームページなども設けられていたので、すっかり優良な企業なのかと信じこまれていたそうですが、表記されていた手数料や対応などもまったく異なるものだったそうで、悪徳な業者に引っかかってしまったのかもしれないと後悔されていました。

・H様はファクタリング後にどうなったのか?

対応がとにかく違うと喜んでいただき、ファクタリング後の資金繰りの安定されているようです。そのおかげで、諦めていた銀行融資という選択肢も広がったと大変喜ばれていました。もしまた一時的な運転資金で困ったことがあれば、是非当社を利用したいとおっしゃっていただけたことが何よりです。