栃木で運送業を営む男性のファクタリング事例

2020/01/10
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

■他社でファクタリングを利用されていたところ、買取率の悪さなどに不満を抱え乗りかえを検討するようになったI様

・地域・・・栃木
・年齢・・・40代
・業種・・・運送業
・資金調達目的・・・ファクタリング会社の乗りかえ
・ファクタリングによる資金調達成功額・・・300万円

・なぜ資金調達が必要になったのか?

当社では運送業を営む経営者様からのお問い合わせが多いのですが、運送会社を経営するI様も同様に、締め日から支払いまで期間が長い売掛金の存在に悩まされていました。

運送業を営む経営者様は、どの方も口をそろえて支払いサイトの長さに頭が痛いとおっしゃりますが、支払いサイトとは締め日から支払い日までの猶予期間のことです。

どの業種でも掛け取引による売掛金は発生しますが、一般的には月末締めの翌月末支払いという30日の支払いサイトが圧倒的に多いことでしょう。

ただ、運送業界では60日や90日という場合も少なくない上に、手形を用いた支払いをされればさらに長引くといったこともあるようです。

I様の運送会社でも、この支払いサイトの間に発生する人件費、燃料費、その他諸経費の支払いに充てる資金が不足しないよう、毎月の資金繰りに苦労されていとのことでした。

急な依頼にもできるだけこたえていかなければ、その後の取引先との関係に支障をきたすのでは…と、できるだけ引き受けるようにしていたようですが、ガソリン代や高速代など、出費はかさむ一方だったそうです。

・当社のファクタリングを利用した経緯

いよいよ資金繰りがうまくいかないというとき、検討したのがファクタリングを利用して資金調達だったそうで、当初、当社とは別のファクタリング会社に2社間ファクタリングで継続した取引を行っていたそうです。

ファクタリングには2社間と3社間があり、取引先企業様から合意をいただけるのなら3社間のほうが手数料は割安です。ただ、取引先に納得してもらえるかわからない上にその後の取引に影響が及ばないか不安ということで、2社間ファクタリングを選ばれたそうです。

しかし、買取率が悪く、書類作成料など別途費用が多く発生することに不満を感じ、このままではいつまでもファクタリングから抜け出すことはできない!と不安になったそうです。

そこで、もっと良心的な対応をしてもらえるファクタリング会社はないものか…と当社にご相談いただくことができました。

・I様のファクタリング利用

当社では申し込みをいただいて最短即日、資金化させることが可能であること、そして忙しい経営者様の場合、交通費などの負担などなく出張対応させていただくこともお伝えさせていただくと大変喜んでいただけました。

これまで他社でかかっていた毎月のファクタリング費用が、1か月で10万円抑えることが可能となりました。

I様も、年単位で考えれば1か月10万円でも抑えることができたのはとても大きいとおっっしゃっていましたし、だんだんと買取金額も減少していき、現在は利用頻度も抑えることができています。

・I様はファクタリング後にどうなったのか?

毎月繰り返しファクタリングを利用していたことにもっとも不安だったようですが、毎月ではなく取引先からの急な依頼などで一時的に資金が不足したタイミングのみの利用となったことで、現在は安定した経営ができているようです。

今回、I様が抱えるファクタリングへの不満や不安を解決でき、有効に利用できたと喜んでいただけたことがとても嬉しく感じました。

急いで資金調達が必要という場合には、申し込みの関係資料をご準備いただけていれば、即日で契約することも可能ですので是非利用していただければと思います。

運送業様はファクタリングで資金調達することが一般化されているため比較的抵抗なく利用しやすいかと思います。

取引先企業様から合意を得ることができれば、3社間ファクタリングも利用可能ですので、まずは一度当社にご相談ください。